至福の風俗生活

 >  > 新しい性癖が風俗で目覚めた

新しい性癖が風俗で目覚めた

最近、彼女とエッチをしても射精量が少なくなってきた。もしかして精子がうまく作られていないのだろうか。彼女と出会った頃は自分でもびっくりする量の精子を発射していた。そろそろ、自分も精力が低下してきたのかもしれないな。こんな時は新たな刺激を求めて風俗店に遊びに行こう。風俗嬢は男が感じるポイントを知っていると聞いていたので、自分は相手に身を任せた。軽いキスをしてから大人のねっとりとしたキスをされると、すぐに勃起してしまってなんとなく恥ずかしかった。全身のリップサービスやフル勃起したものを責められながら言葉責めをされると、あまりの快感に悶えてしまって絶頂を迎えた。彼女の時とは比べ物にならないくらい、精子を発射して相手の手を汚した。精子まみれになった手を見ていると、なぜかすごく興奮してきてドキドキ感が止まらなかった。もしかしたら新しい性癖に目覚めたかもしれない。これなら一度、彼女と激しいエッチをしてきれいな手を自分の精子で汚したくなった。

すごい風俗でした

心の中でもやもやしていた風俗への思いが今回随分すっきりすることができました。というのが、いろんな女の子にいやらしいことをしたいと思っていましたが、プライベートではまるっきり出会いがなかったりするので楽しむことなんて全くできなかったんですよ。そこに今回の先輩が誘ってくれたというわけなんで利用させてもらったんです。ジャンルはいろんなところがある中でも自分は普通にヘルスを選んでみました。今回の女の子は特徴というものは特にないんですが、テクニックにおいてはピカイチでしたね。かなりいやらしい手つきであそこをしごいてくれる姿はかなりいやらしかったのでそれだけでもまだムラムラさせてくれます。とりあえず最高レベルで気持ちよくなれたのは間違いありません。自分の中で風俗に対する考え方は間違いなく変わりましたし、そういう思いをさせてくれた彼女に出会えたことで自分は一回りは大きくなれたような気がします。また利用しに行きたいと思います。

[ 2015-10-22 ]

カテゴリ: 風俗体験談

フリーエリア

カテゴリー

月別アーカイブ